五十バーガー

地元の食材である忍沢養殖場の五月鱒を使って何か料理をということで、和風のハンバーガーを作ってみました。

画像


地元の曙十富を裏ごしし、曙大豆を粗く叩き、黒ゴマ、生身を混ぜたものを五月鱒で包んで揚げて、それを具として地元パン屋の精良軒の焼いた雑穀パンに挟みました。タレは地元の青林堂の味噌、地元の小室柚子を使って作り、地元の国本屋の私が作りました。

意外と評判で安心。

画像


地元にもいろいろと頑張っている人たちが沢山いて、その人たちが作ったものが合わされば、いいものができるに違いありません。

画像


これは昨年の冬に、五月鱒に地元の鰍沢塩で漬け、地元の甲州の空っ風で干したものです。

さて、地元と何回書いたでしょう。

この記事へのコメント

2016年11月10日 23:41
地元 9回でした、 よい言葉であります。 美味しいバーガーでしょう(^_-)-☆ 山梨は我地元でもありました、益々の健闘を祈って止みません。 函館も昨日は十数センチの積雪、今日はほとんど解けましたが、朝晩の冷え込みはいよいよの冬の気配です。豚汁も美味しいです、北海道は三平汁、かな! 
4代目より
2016年11月11日 09:49
お久しぶりです。山梨もこのところ急に寒くなって、マスクをしている人が多くなってきました。景気のほうも冷えています。
そこで少しでも良い話題をと、『地元民』頑張っております。

この記事へのトラックバック