鰍沢今昔写真館3

今回3回目、なかなか写真が集まらない中、鰍中写真。 丁度、自分たちが入学する時が、新校舎一年目でした。木造旧校舎取り壊す前、夜中に友達と懐中電灯を持って肝試しをした記憶があります。 大法師山にあった住宅もほとんど取り壊され、数件しか残っていません。 自分たちがいたころは校舎はベージュ色だったような、金八…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鰍沢今昔写真2

今回は鰍沢小学校。自分らがいたころは各学年2クラス全校生徒が500人ぐらいはいたはずだが、現在は全校で130名足らず。ほんと少子化です。 この頃はまだ屋上にも上れて、紙飛行機を飛ばしたり、日向ぼっこしたりと(笑) 昭和40年前半 現在の校舎。耐震工事も済み、トイレも自動で流れるとか・・・。 左から、小学校講…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どんどん焼き

1月14日(土)今年のどんどん焼きは日曜日に降った雪が凍って残り、当日も夕方から氷点下と寒い中行われました。 火をつけると風も吹いていたこともあり一気に燃え上がりました。災いが一気に焼き尽くされたようでした。 無病息災。五穀豊穣。ありがたいありがたい。あったかい、あったかい。 灰を家の周りに播くと虫が寄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春風亭一之輔師匠と『落語鰍沢の舞台』を巡る旅

昨年二月に第一回を柳家三三師匠で行われた『落語鰍沢の舞台』を巡る旅が、今年は第二回ということで春風亭一之輔師匠で行われます。 青柳の昌福寺をはじめに、小室山妙法寺、法論石のある懸腰寺と実際に落語鰍沢に出てくる古刹を師匠と巡り、そのあと師匠の『落語鰍沢』を聴くという旅です。 一之輔師匠と『落語鰍沢の旅人』の歩いた道を歩きその後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年 丁酉 おめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。 丁酉年です。酉年は商売の年ということなので。皆様にとっても良い一年でありますように。 昨年10月末に大法師山の『山の神さん』の周辺に水仙を植えるということでお手伝いに行ってきましたが、暮れに行ってみると、芽が出てきていました。桜祭りのころに丁度咲くと、桜と水仙の競演が見れるかもです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鰍澤今昔写真1

今年もあと残り3日、新年への準備はできましたか。私はまだです。毎年のことですが、今から年賀状です。 昨年はシリーズで『落語鰍沢の舞台を歩く』を書きましたが、今回は鰍沢の町の移り変わりを、写真で見てみようという企画です。 一回目は大法師山から見た鰍沢です。古い写真が昭和45年のもの、新しいのが平成28年現在のものです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五十バーガー

地元の食材である忍沢養殖場の五月鱒を使って何か料理をということで、和風のハンバーガーを作ってみました。 地元の曙十富を裏ごしし、曙大豆を粗く叩き、黒ゴマ、生身を混ぜたものを五月鱒で包んで揚げて、それを具として地元パン屋の精良軒の焼いた雑穀パンに挟みました。タレは地元の青林堂の味噌、地元の小室柚子を使って作り、地元の国本屋の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

10月10日運動会

今年は週末のたびに雨が降って、運動会も延期になったり、途中で中断して別の日に続きをするなど、どこも大変なようでした。 息子の保育園も8日から10日に変更になりました。 朝6時半に場所取り、テントを立て、9時前に息子を送り、9時半におふくろを送り、3時に片付けと、4往復がんばりました。 毎年楽しみなかけっこ。走り出す前の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第10回柳家三三落語会

今年度の柳家三三師匠の落語会は11月7日(月)に決まりました。 開場7時 開演7時半の予定です。会場が120人程度しか入れませんので、席をお取りしておくことはできません。開場後、順番に席に着いていただきます。 今年度は、落語のツアーの実施などで、この鰍沢三三会も新聞等で取り上げられたこともあり、混むことも予想されます。お早め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鰍朋祭

我らが母校鰍中の、歴史を作る鰍朋祭~♪ (鰍朋祭の歌) 早いもので娘も中3、最後の鰍朋祭となりました。全部とはいきませんが、見れるところは見ようと、店と学校を行ったり来たりと。 娘との会話のなか『自分たちのころはなあ・・』と話をしたら、『それ何年前の話?』といわれ、35年も月日がたったんだと自分でびっくり。当時は荒れる中学校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流しで流しソーメン

夏も終わり、仕事もひと段落。しかし毎週のように台風がくるという、変な天気。 山梨は四方を山に囲まれているおかげか、台風の被害が比較的に少ないです。 で、今年は8月終わりに行く、家族でのお出かけも雨で中止。少しでも評価を挽回しようと父は、キッチンの流しで、流しソーメンを実施。 麺・・ソーメン ラーメン  つゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月16日に、うなぎの価格が変わります。

毎日暑い日が続きます。体調いかがでしょうか? 私は大丈夫ではありません。この景気が悪い中、うなぎの価格が上がっています、ここ三年で一番の高値です。頭が痛いところです。 お客様には、申し訳ありませんが、7月16日より鰻の価格を下記の通り改定します。 大串      3700円⇒3850円 特上      255…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほたる

畔川(くろさわかわ)と戸川の合流する辺りに今年は結構ホタルが飛んでいるよということで写真を撮りに・・・ 以前もいたのですが、数年前の台風で幼虫が流されて、ここのところ見られなかったのが、また戻ってきたようです。 しかし、前日、川の草を刈ったらしく、それが原因かほとんどいない・・・ 何とか一枚。 落ち着いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小室山妙法寺 第19回 あじさい祭り

家のあじさいもほぼ満開になってきました。今年は例年よりもさくのがはやいようです。 6月25日(土)~7月3日(日)まで富士川町妙法寺で第19回目のあじさい祭りが開催されます。 忙しくて行っている時間がないので、今回は家の額あじさいの写真です。 山アジサイの一種『くれない』 まだ紅くないですけれど・・・ 妙法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大法師さくら祭り

今日で今年の桜祭りも無事終わりました。 新聞にも写真が大きく掲載されたこともあり、大勢の人が山に登ったようです。 自分も先週、息子に「お祭りに行こ。」と誘われたので、じいじ、ばあばを連れ登ってきました。 しかし、息子の目的は別!! 昼間、保育園で山に登ったらしくその時に、このお店でこれを買って、こちらのお店では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第一回落語鰍沢の舞台をめぐる旅無事終了しました。

20日(土)に第一回落語鰍沢の舞台をめぐる旅が落語鰍沢実行委員会主催で開催されました。 当日は朝からの雨、しかも結構強めの・・・しかも肌寒い。 そんな中、昌福寺を始まりに、旅人が歩いたといわれる小室道を案内し、妙法寺、法論石へ。 昼食を国本屋で『落語鰍沢弁当』を召し上がっていただきました。 今回は鄙(ひな)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語鰍沢の舞台を歩く6

法論石から雨戸地区への道登ってきました。 かつては集落と集落を結ぶ生活道路だったのでしょうが、今では狩猟の人たちが登るぐらいでだいぶ道は荒れています。 防獣柵を入り二つ目の橋を渡ります。 いきなり道が落ちていて、沢を渡り、斜面を登ります。山素人の自分にはハードルが高そうな道です。 ぬた場、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どんどん焼き

今年は富士見町区の役員で、下草刈り、小屋作り、当日準備、翌日の片づけと、4日出勤。 男性の役員が多かったので速やかにできました。しかし、だんだんと地域も高齢化と若者不足で小屋作りも『四本柱を立てて、その中に正月飾りを入れ、くるっと囲ってお終い。』なんて日が来るのも近いかもです。 いい感じに火がつきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成二十八年丙申 おめでとうございます

何んとも暖かい新年ですね。 丙申年というのは、完熟する年ではなく、形がはっきりする、固まって行くという成長段階だそうです。 国本屋も今年で創業100年を迎えますが、町の有志と新たに富士川町の観光資源である、『落語鰍沢の舞台』を活用しての、「落語家と鰍沢の舞台をめぐり、鰍沢で落語を鰍沢聴く旅」の実施や学生などを対象に落語合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『落語鰍沢の舞台』を歩こう5

珍しく長編のブログ記事となりました。第5回目です。 法論石を出て、雪で道に迷い、富士川の急流に落ちるに良いコースはと考えると、この雨戸地区コースが考えられます。 しかし、法論石から雨戸地区の山頂へ抜ける道は、ほとんど人が通らないようで、そこまで根性がないので、道のある雨戸山頂から下るところまで。 車で山頂付近へ、早速、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more